ひやしあめよばれよ(*`ヽ´)b

なるようになるてホニョッといきましょ。 ☆ぶさかわちょい美猫の3猫と舞台LIVE映画ハンドメイドetc…☆ ~ひとことだけでもつぶやこう~

2005年04月

ダメっ(ーー;)



そっちへいきたいよぉ~



だ~めっ…あっ

一応リビングとキッチンの境にスクリーンで通せんぼしてんねんけど、

いずれはオープンキッチンカウンター(って言うのか?)なんで乗り越えられるとは思うが…。

スクリーンの下の隙間から顔を出してくぐりそうやったので戻そうとしたけど、

トップの写真のごとく…なんでか引っかかって戻れへん

これも5日目の【うさぎ】でした。


思惑通りには…。



先ほどに続き【うさぎ】5日目。

遊ぶようにと買ったチョッと低めのキャットタワー

なかなか遊ぼうとせぇへん。。

あんまり高くないのに登らへんし、ぶら下がってるネズミにもあまり興味なし。

ここに来てようやくトンネルをくぐり抜けるだけはするようになった



ほんでもって、与えてすぐに反応示したのが買ってきたときに入れられてた段ボール箱



そんなもんやな


呼んだ?返事した?



【うさぎ】5日目

私のひざの上で…こんな感じやったので

一応・・呼んでみた『うさぎ』って

すると…トップのような感じでひと言『にゃ』と。

そのあと…『なんなのさ』って顔の【うさぎ】でした。。


【京都・松尾大社】ヤマブキ満開その2



正月に初詣(氏神さんなんで)に行ったっきりで

久しぶりに行くと、冬には気付かない…こんなにもヤマブキが植わっているとは



かなり撮影に来られてる方がいらっしゃいました。。

でも年配の方…多いです。

おまけに一眼レフとか三脚とかお持ちなんで、本格的やわ


【京都・松尾大社】ヤマブキ満開その1



2005年4月28日(木)撮影

満開のヤマブキが咲きました

ここ京都の西・松尾大社ではヤマブキが有名だと思うんですが、

ちょうど真っ盛りでした。



どうも接写は三脚も持ってないので、うまくいきません。

それに少し風に揺れていたので…


叱られて…

【うさぎ】は少々いじけて段ボールの箱の中だが、それも束の間(;^_^A

やがて…。


お気に入り…。



【4日目のうさぎ】は…

まぁいつものようにのおもちゃで遊び…

私がキッチンに行くと、えさをねだりに泣き続ける

そしてなぜか私の左手だけを噛んだりする。

叱ると…なぜか舐める



えさは決めてあげてるのでせがまれても~って感じやけど、

この見事な食べ方を見て下さい。

舐めまくって・・食器を洗わなくっても良いかも~なんて思うくらいやし

…実際はちゃんと洗ってるさかい…





ホンで最近は【うさぎ】も落ち着く場所も見つけてきて…それでもまだ真剣には寝てへんけど…。

旦那のあぐらをかいたその中に埋もれるのが気に入ったようやし

旦那がいないときは私の片方のひざの上に…安定性悪いやろ?と思うんやけど居るわ。。

写真は旦那の手の中にうずまってる状態…なんか半トロ状態やし

のどもゴロゴロ鳴らしてるし…


【うさぎ】ピックアップデビュー(^^)v



キャーq(|||`驚´|||;;*)

gooブログのトップページに【うさぎ】が載っちゃった

晴れてgooデビューとなったんや~

っと【うさぎ】に言ったところで…なんやって感じみたい…。

それよりもをくれ~とにらみつけてる…


【うさぎ】3日目・追記

そういえば…お店でこのコの体重とか聞いてなかったなぁ…。

料理量りで量ってみた。



現在…900g

身長は…あっ体長か。

動きすぎるので測れない…


3日目の【うさぎ】



2005年4月26日(火)3日目となりました。

ようやくケージの中では少し泣いたあとは、おとなしくなってくれます。

でも物音や気配などがしようものならあの瞳が凝視してます

チョッとスネ加減なところ

じっとしてくれないので連写で取り捲ったら偶然あくびをしてるところが撮れました

悩殺…ブルーアイ

食事の時間…今日は少し遅くなった。

するとものすごい催促で泣く

食べている姿はホント一心不乱です。先に動画をアップしてます

そして…ケージの外から出ると休む間もなく動き回り続けるんですが、

ようやく3日目にしてケージの外で落ち着いてました

落ち着くといってもほんの少しですが…【うさぎ】の仰向けで寝ている姿はまだお目にかかったことがないです。。。

まだふかふかのベッドを用意していないので旦那の座る座椅子と座布団の上で…。

これも半眼開けて聞き耳立ててました…

こうして3日目は終りました~


一心不乱

もう周りなんて気にせず食べまくってます。水も飲まずに(;^_^A

今日は動画にしてみました…がうまく表示されてるでしょうか…。

夜型…ですが(oー(ェ)ー;A

今週のお題【あなたは朝型?夜型?】



【夜型】なんですけどね…深夜についついネットをし、ビデオ見たりと…そういう生活パターンが確立してたんですが

今週日曜から【うさぎ(猫です)】がやって来てから、どうやら【朝型】にならざるをえない状況のような…

んでもって昼間に睡魔を覚える私です


ようこそ、ココへ(。∂∂。)v



2005年4月24日(日)家族が加わりました。

猫のヒマラヤンです。



【誕生日】2005年1月27日(木)生まれ

【性別】女の子

【種類】ヒマラヤン

【名前】うさぎ(よく跳ねるので(^^)v)



ここしばらくペットショップをいろいろ巡ってた。

数件目でこのコに出会った。。

このペットショップでは、メインクーン・チンチラシルバー・アビシニアン・ヒマラヤンと4猫いた。

チンチラが1ヶ月半の仔猫でガラスケースの中で妙に人懐っこい、私を追っかけてくる^^;

アビシニアンは2ヵ月半くらい。目を開けたまま仰向けで寝てました。。しばらくして起きたけどぼ~っとした状態でした。メインクーンは既に8ヶ月になってました。。かなり大型になっててどっしりとしていました。。

そしてそして…ヒマラヤン(。∂∂。)

もともとネットで猫種をいろいろ見ていて“バーマン”というのを見て惚れちゃって…♪

でもこのバーマンはなかなかお見かけしないし…ところどころ違いますけど、このヒマラヤン(足なんかは色が反対だもんね)なかなか可愛いお顔立ち(瞳も綺麗なブルーです)トッテモ気に入ってしまいました。。



最初は短毛・長毛でもめたけど…私の希望がとりあえず通った(^^)v

このコは一日目は“名無し”でした。

とりあえず、このコのためのケージ・トイレ・トイレの砂・えさ・おもちゃをこのペットショップで購入。

ケージはラタンの囲いがしてあるもので定価は¥41000ほどしていたのが現品特価ということで半額の¥20000…チョイ迷いましたが自宅のリビングの雰囲気にはラタンかな?と思いそれに決める。すると現品なので、どうやら底のほうが少し欠けてるらしい。(まぁ使う分にはなんの支障もない場所だけど)だから…つまり現品なのでこれをさらに半額の¥10000でかまわないので…って言うことで¥10000で購入した(^o^)丿ラッキー



女の子なので可愛い名前が良いかなぁとかいろいろ考えた。

男の子のも考えてたんだけど、女の子になったので…結構むつかしいんだよね^^;

ネットで猫の名前ランキングなんてのもあったので調べたりもした。

みんなナイスネーミングなんだなぁ~~~なんとなくしっくり来てるから。。。

一晩考えて数個に絞り、ひとつずつ考えて消去法という形をとった。



考えた中には…

【チェリッシュ】これは大切なって意味もあるので。

【アクア】瞳がアクアマリンやアクアブルーといった、とても綺麗な瞳の色なので。

だけど呼んでいるうちに“アクマ”って呼びそうやと言うことでやめることに。

他にも誕生花なんかもいいかなぁってことで1月27日を調べてみたら…【ナナカマド】という花らしい。

・・・・・・ナナカマドって~



そして…【うさぎ】ホンモノも好きだし、このコもよく跳ねてるので(。∂∂。)ポッ



猫は良く寝る…って!?このコは寝てるの???ってくらい起きてる(;´▽`lllA``

ほっといたら寝るかなぁって思ってたら…めちゃくちゃ遊んでますわ。。

さすが夜は電気を消し、ケージも暗くするんでおとなしくなって丸まってますけど…。

まぁまだペットショップから来たばかりだし環境が少々違いますからね。

しょっぱなからガブリとやられましたσ(。>(ェ)<、;) イタ~~

おもちゃの紐が足に絡まって、取ってあげようとしたら…ガブリ\(>。<)/ギャー!!

まっこんなこともありますわな(@_@;)



…と言う一日が過ぎて行きました。

そうそう、トイレは教えるでもなく…トイレ容器に入ったトイレの砂のところで済ませてました(^^)v

これからはこのコ【うさぎ】と共に過ごしていくので写真とともに載せていきます。

(*∂.∂)ノ ヨロシク・:*:・°'★.。・:*:・°'☆♪


・・・・・・・・・(llllll__ __)。。 。oOO

さっきまで寝てました

中途半端な目覚め…。

久しぶりに日本酒飲んだせいか…ぐわ~~~っと酔いが回ってきて…

たった一合飲んだだけやったのに…ふぅ弱くなってしまいました。

昔は5合までなら大丈夫だったのになぁ…



さて寝なおすとするか~


【TRUTH】演劇集団キャラメルボックス

劇団創立20周年記念公演第一弾

2005年4月10日(日)14時開演 新神戸オリエンタル劇場



***ごめんなさい…ものすごぉ長文になってしもうた、書いてるうちにとりとめなくなってます。***



この日は【TRUTH】の大千秋楽日、立ち見客も250人くらい?いやもっとやったかも…。

劇場に入る前に係りの方が「え~何番から何番までここに並んでくださ~い。次はここから…」とか行って整理してて…みんな「TRUTH」というチョッと“ぴあ”とかで売ってるような感じのチケットやなかったんで…「2ひゃく…番は…」とか言ってるし、自分のチケット見てもそんな番号とちゃうし…チョッと不安になったのでその係りの人にチケット見せたら「指定席の方はもう入ってくださいね」って言われちまった。

そう…その番号整理は立ち見客の人達だったのだ!!



そしてクローズド・サーキットとして初の試みだそうで、札幌・東京・名古屋・福岡からもオンデマン



ドで会場から生中継で舞台を上映するのです。

もちろん同時にスカパーでも放送されてます。

おまけに4~5日後にはインターネットでも流すそうで…最前列の一番端にso-netの方がカメラを持ってずっと撮影されてました。



私が席に座るときには前説が既に始まってました。

各地の中継所とso-netフォンを使って話していてチョッと2秒ほどタイムラグがあるため会話のキャッチボール的なことがぎこちなく…でもキャラメルボックスの加藤さんって方が司会進行していって面白~くしていました。他にも携帯チェックタイムなんてのもされてました



私の席は2階の舞台に向かって右端。え~っ舞台が遠いんじゃ?って思ってたんだけど、(この劇場はお初でしたの)結構2階3階ってのは端は湾曲しているんで、1階の中間あたりの位置になるんでは。。なかなか良い感じの席でした。

そして立ち見のお客たちは1、2、3階とそれぞれにどわ~っと入ってこられました。



舞台進行は過去と現在のシーンを交互に描き出し、冒頭はクライマックスに近いシーンから始まっている。殺陣シーンもふんだんに使われています。なぜこのような状況になってしまったのか…一気に過去へと遡っていきます。。途中、過去と現在が交互になるのでシーンが変わった瞬間は呑み込めないですけど…まぁそれもすぐにわかるようになります。

(舞台セットがずっと一緒なので仕方ないですね^^;)



物語は…(本来のストーリーとは違うかも^^;私がこの舞台を観て感じたストーリーとして書いてます)

幕末の時代、無名の若者たちが日々武芸にいそしみ、一見仲の良い仲間たちの語らいのように見えるが…。ある事故をきっかけに何かが…若者たちの心が狂い始めたかのように思えたが…。



隼助(細見大輔さん)の改造した鉄砲の暴発により弦次郎(岡田達也さん)は怪我をし耳が聞こえなくなってしまった。

それに対して苦悩する隼助。そしていつも身分の低さを言葉に出してしまう鏡吾(上川隆也さん)。

英之助(大内厚雄さん)は仲間の中でも一番武術に優れた藩士。

三郎太(畑中智行さん)虎太郎(筒井俊作さん)ら若い藩士たちが、ある人物の暗殺を計画する。それは勝海舟を亡き者にしようとする人物…弦次郎が故郷へ帰る前にこの斬る役目をすることになるが、ある日のこと…暗闇の中で一気に斬りかかり相手はほとんど抵抗も見せずに死んだ。

そして相手の頭巾をはいでみると…そこには英之助が…彼は英之助を斬ってしまった。驚愕している背後から鏡吾が斬りかかって来た。。そうすべては鏡吾の仕掛けた罠だった。

何とか逃げ延びるも追っ手は迫っている…そしてすべてが明かされるクライマックスへと物語りは進んでいきます。



他出演者に…

山岡/月真和尚(篠田剛さん)初音(小川江利子さん)ふじ(岡田さつきさん)美緒(岡内美喜子さん)帆平(川原和久さん・劇団ショーマ)等など





舞台中何度も出てくる殺陣シーンはホントに緊迫ムード…息つく間がありません!!

そして回想シーンはまだ皆が仲良かった頃(たぶん鏡吾の心底は違うだろう)を描いているので面白いシーンいっぱいでした♪

いきなり鏡吾(上川さん)は舞台上を数メートル滑ってました^^;

上川さんの役名は長谷川鏡吾…つまり“略して、ハ・セ・キョ・ーですっ!!”笑いのシーンでおっしゃってました♪

確か“美剣士”だとも言ってられたような…(^^)

それから、隼助(細見さん)の足を持って、体は虎太郎か三郎太(だったかな?)が持って投げるまねをするシーンがあるんですが、「まぁまぁまぁ・・」って感じで途中でやめるんですが、その時、上川さんはそのまま細見さんの片足を持ったまま…スネをナデナデと…(;´▽`lllA``

鉄砲の試し撃ちの時は“何列何番を撃ちなさい!!”なんて言って驚かしていました。。



クライマックスで鏡吾と弦次郎が討ちあいを…ものすごい気迫がありました。

弦次郎も罠だとはいえ英之助を殺してしまったのには違いない…それで苦しみます。故郷の両親に会った後、死のうと思っていたが死んでも苦しみからは逃れられない…だから【俺は生きる!!(そして鏡吾に)お前も生きろ!!どんなに苦しくても歯を食いしばって生き抜くんだ!!】と…。



ラスト、英之助が叫んだ言葉(たぶん弦次郎にしか聞こえなかったんだろうが…この時は既に死んでいるから)…『…生涯の友だ!!』と…そして音楽が流れて物語りは終った。

その時は既に私は泣いてました(T_T)

あのメインのテーマ音楽、気になります♪オリジナルでしょうか・・・。

「TRUTH」って言葉が入ってると思うのでオリジナルなんでしょうね。



カーテンコールでは、千秋楽のみ行われるという出演者全員一人ずつの挨拶がありました。

細見大輔さんは結婚したこと報告されてました。上川隆也さんは岡田達也さん(今回の主役・弦次郎)のことを…1993年(だったかな?)一人の男が入団し1999年…主役をするようになり…立派になった…みたいなことをおっしゃって、そのあと上川さんは「私は心置きなく出稼ぎに専念出来ます」みたいなことを…すると岡田さん…焦ってました!!



何度も拍手が止まないので上川さんが「時間が押し迫ってきておりますので、最後にこの男に出てきてもらいましょう。締めの請負人…です!」と言って月真和尚役をされた篠田剛さんが面白おかしく締めていただいたんですが…やはり拍手は止みませんでした^^;

そしてまた出演者全員出てきて今度は舞台に正座して並んで「ほんとに時間がなくなってきました。このあとすぐに舞台をバラシ新幹線に乗らなければなりません!!あと皆さんが出来ることはただサッと席を立ってサッと帰っていただくことです!!」と言いお辞儀をされてました(^^)

まぁこれもきっと予定の範囲内だったんでしょうけど、面白かったです♪



上川さんの言葉としては「TRUTHを何十公演してきた中で3度ほど弦次郎に勝つことが出来たんですが…」と言ったら岡田さんが慌てて「ストーリー変わってしまいますから^^;」で客席を沸かし、客席から「また来て…」みたいなことを言った方がいてそれに返事するように上川さんが「みんなは帰ってきます。私はいません!!」とまたまた客席を沸かしていました。





この作品では上川さんは悪役です。でもこの悪役も父親が汚名を着せられ切腹、身分も低く常に苦い思いをしてきた。いつか必ず這い上がっていこうとした為に…。これもまた悲劇ですよね。

だけど上川さんだからこそ演じられたんではないでしょうか…苦しさ・つらさ・明るさの中にも孤独感を持ち合わせた鏡吾という一人の男を…。





【TRUTH】とは、“真実”“真の心”…あなたにとっての【TRUTH】とは


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おこしやす

    follow me
    ポチっとにゃ(^O^)
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ



    フリー音楽素材 H/MIX GALLERY

    記事検索
    最新コメント
    月別アーカイブ
    すけじゅーる
    ◎京都生まれ。
    ◎舞台映画LIVE写真日々そして猫。
    ◎最近はもっぱらiPhone7で写真を撮ってます。

    ●○今後のスケジュール○●
    +++++++++++++++++
    +++++++++++++++++
    ~2017年~
    ★7月★
    髑髏城の七人“鳥”ライブビューイング@京都

    ★8月★
    デスノートTHE MUSICAL@梅田芸術劇場メインホール

    ★9月★
    髑髏城の七人“鳥”@ステージアラウンド東京

    ★10月★
    コブクロLIVE@大阪城ホール
    ビリーエリオット@梅田芸術劇場メインホール

    ★11月★
    髑髏城の七人“風”@ステージアラウンド東京
    コブクロLIVE@京セラドーム大阪

    ★12月★
    ペールギュント@兵庫県立芸術文化センター中ホール
    +++++++++++++++++
    +++++++++++++++++


    美術館博物館スケジュール
    6/10-7/23 美術館えきKYOTO
    【これぞ暁斎!世界が認めたその画力】

    7/15-9/3 奈良国立博物館
    【源信 地獄極楽への扉】

    7/29-8/27 美術館えきKYOTO
    【エリックカール展】

    7/29-9/24 あべのハルカス美術館
    【奈良 西大寺展】

    10/3-11/26 京都国立博物館
    【国宝 4期に分けて一挙に公開】

    10/3-12/3 京都文化博物館
    【絵画の愉しみ、画家のたくらみ】

    10/28-12/3 泉屋博古館
    【木島櫻谷】

    2018/2/17-4/15 京都文化博物館
    【ターナー風景の詩】
    2017年観劇録
    ≪舞台≫
    Ifor…Ⅸ★
    ロミオ&ジュリエット
    陥没
    デス・ノートTHE CONCERT
    髑髏城の七人season花ライブビューイング
    王家の紋章

    ≪映画≫

    ≪音楽≫
    INABA/SALAS LIVE★
    ミスチルHallTOUR
    高橋優TOURFAINAL
    ゆず20thLIVE
    ミスチルDOMETOUR
    livedoor 天気
    QRコード
    QRコード